FILMS - An Ordinary Opinion

FILMS - An Ordinary Opinion

An Ordinary Opinion(2013)

An Ordinary Opinion(2013)

HD/1時間6分

Twelve years have passed since the 9/11 Terrorist Attacks... New York-based film director Gen Takahashi and reporter Ikuma Isaac took to the five New York boroughs to conduct man-on-the-street interviews.

From academics, lawyers and Wall Street businessmen to the homeless, ex-convicts, United Nations staffers and artists. Even a Hollywood actor. Children, homemakers, 9/11 rescue volunteers, family members of victims. Takahashi and Isaac encounter and interview over 1000 people, including an exclusive interview with Sharif El-Gamal, chairman of the controversial Park 51 Community Center, known as the “Ground Zero mosque”. A beautifully random cross-section of New Yorkers’ voices are documented.

The interviews took place from July, 2011 until the last day of filming, September 11, 2011. The result: never-before-heard opinions by every day New Yorkers regarding the 9/11 terrorist attacks.

2001年9月11日米国同時多発テロから12年・・・

ニューヨーク市マンハッタンを拠点に活動する映画監督・高橋玄と米国の俳優でTVリポーターの生馬アイザック(Ikuma Isaac)が、NYCの全行政区ブロンクス、ブルックリン、マンハッタン、クイーンズ、スタテン・アイランドを駆け巡り、無作為の街頭インタビューを敢行。

大学教授、弁護士、ウォール街の金融マンからホームレス、元囚人、国連職員、アーティスト、ハリウッド俳優から主婦、子供たち、9.11救援活動のボランティアと遺族の方まで、あらゆる世代と民族、多様な職業と立場にあるニューヨーク市民300人以上の声を「ホームビデオ」として記録し続けた映像を劇場公開用に編集。

2011年7月から10年目の9.11メモリアル当日まで、これまで語られることがなかったニューヨーク市民のリアルな声=普通の意見を追った貴重なドキュメンタリー。淡々と続く人々の語りだけで構成される本編は、観客を次第に大きな謎へと誘い社会問題意識を喚起する。